The museum of the life and the sex in Ikaho
リビングウイル
尊厳死の宣言
Living will


治療を拒否するのではなく、痛み、苦しみ、などを取り省く治療は続けます。
死期を早めたとしても かまわない、と言う意思表示をしておく事です

This is different from mercy killing which positive use of drug lead to death.
This is not refuse all kinds of treatment but the treatments which ease pain are continued.
Express your will even through your life would be shortened by that.


「健やかに生き、、安らかに死ぬ」人間ってなに・・・
身の回りの人に親切にしてあげられる生き物、
人と人の間に入ってもトラブルを起こさないのが人間です。
あなたは自分の死を本気に考えたことがある?
半分、死んでいるような入院患者をみて
ほどんどの人があんなになってまで生きていたくない、
私だけはあんなみじめな格好を見せたくないというのです。

Live vividly and take rest as go into asleep.  What is human beings.  
Not to make trouble is human beings. 
Have you ever thought of your own death seriously ?
Seeing the hospitalized patients whose one leg is in the coffin,almost of all people think that
we would not live more under such situation and would not be seen own miserable appearance.



しかし現実では人口呼吸器、人口栄養補給など
意識の無い人への終末期医療過多のことが多々ある。
大切な親であり子であるかもしれない、
しかし数名の医師からあと一週間の命と宣告され、
本人が苦しんでいるようであれば、私なら楽にしてほしい、
そこで明日死のうがすぐ死のうが無駄な治療費を使わなくて済む。
無駄な税金を使わないで、これからのこと、
これから生まれてくる人のために使ってほしい・・・
という考え方もあります。

But fact is a lot of terminal care which artificial respirator or artificial nutrition feeder are used to
unconscious minded patients. Those patients might be your important parents or child.
In case several doctors declare rest 1 week and the patient suffer pain, am I the patient I want to take rest.
Whether die tomorrow or immediately, you can save medical charge.
Also save the tax, we hope money should pay for future and next generations.
There are such opinions above.



人工呼吸器をはずしても罪に問われない基準は早く作って欲しい。
医療的限界を超えてしまった老人の治療は少々命を短くしてでも
痛みをとってやるのが一番で人の手で痛むところをさすったり、
手を握ったりすることのほうが大事なのではないのでしょうか。

We hope that regulation which allows get rid of the artificial respirator legally as soon as possible.
The treatment towards the elder has been beyond medical care limit and the best care is ease pain.
Such as touching lightly to pain portion , shake hand, these cares are more important we suppose.


  

ミュージアムで入棺体験をして、今までの・今後の自分の生き方を再認識、
再確認して 残りの人生が悔いがないようにしてゆきましょう!
白装束で記念撮影も可能です。

You experience your body is placing in the coffin and review your past life and look for
your future not to make your rest life regret.
Put on white cloth for deceased person and commemorative photo is OK.


リビングウイル Living will  Living Will  尊厳死の宣言
リビング・ウィル